新GRE Quantitative サンプル問題

 


 

この Symbolism (シンボリズム) の問題では、一見不思議に見える問題で、

できるところから数字を当てはめていく、というやり方で次のプロセスが見えます。

一見して頭の中で正解が分かる、というタイプの問題ではないので、

とりあえず入れられる数字を入れる、という第一歩目が重要です。

(それができれば、あとは記号を数字に置き換えるだけで、数学自体は加減乗除のレベルです)

 

今回は、D ♦ = 2D +2 の Dに 4 と 2 を入れて、複雑に見えるシンボル式を

簡略化できるかがポイントでした。

 

この例題でこのパターンを予め学べましたので、GRE 本番のテストでこのような

問題が出ても解けるはずです。(おそらく本番ではこれより少し易しい形式の問題が

出されます。 )

 

Gre test buffet

GREの問題2000問以上解き放題 GreatestBuffet !!