新GRE Quantitative サンプル問題

出展: GRE対策サイト GreatestBuffet

 

このタイプの問題は 「Symbolism」 というタイプの問題で、

様々なシンボルが数式と一緒に登場し、何をどのように解釈すれば

いいのか? どの順番でどういう計算をしていくのか? 

こうしたスキルや論理性が問われる問題です。

 

通常の数学ではあまり目にすることはない形をしているため、

慣れていないと面食らったりしてしまうこともありますが、

やり方を覚えてしまうと、非常にシンプルな問題であることが分かります。

(構造が複雑に作られていることはありますが、解法自体はシンプルです)

(今回はトランプのマークが使われていますが、様々な記号やシンボルが出現します)

 

今回の問題のレベルは、レベル5の難易度です。

GREの問題のレベルは、「レベル1」から「レベル5」の5段階に分かれており、

数が大きくなるほど問題の難易度が上がります(難しくなります)。

 

今回の問題は、レベル5ですので、もっとも難しいレベルの問題になります。

本番では、第1グループはレベル3の連続ですので、その第1グループで

このレベルの問題を見ることはありませんが、第1グループで正解率が高く、

第2グループでレベル5に推移する場合(Group CAT システム)、このレベル

の問題ばかりが表示されることになります。

 

160点以上を着実に取りたい人は、このレベルの問題も解けるように

なっておく必要があります。あらかじめよく出る問題パターン、本番と同じレベルの

問題を解いておくことで、本番の GREテストでよく正解を重ねることができます。

(また、より早く解いていくことができるようになるので。時間切れによる大きな

 失点も防ぐことができます)

 

第2グループで、レベル4,5に振り分けられている場合、難しいレベルの問題の

連続なので、かなり想定しているより時間がかかってしまい、時間切れになる例が

沢山見られます。高得点を出す上では、正解を重ねることとともに、スピーディー

に問題を解いていくことが必要になります。

 

GREの本番と同じような問題を予め解いておくことで、より多くの正解を、より早く

積み重ねていくことができます。

 

Gre test buffet

GREの問題2000問以上解き放題 GreatestBuffet !!