トップページ > トップ 


GREは、大学院に留学する留学希望者が受けるテストです。
特に、ランキング上位に入るような名門大学院を目指す場合、このGREで最低でも足切りラインにかからない
程度のスコアを出さなくてはいけません。(一般的にQ+Vで 320 (旧1200)点が目安と言われています) 
しかし、特に 難関中の難関とされる GRE verbal では、どうやって高いスコアを出すことができるのでしょうか?

GREで高得点を取るには、まずテストの特徴を理解しておかなければいけません。GREは、第一グループはレベル3で始まり、その第一グループで、正解数が多ければ多いほど第二グループでレベルの高い問題が登場、逆に間違えた問題が多いと、第二グループでは簡単な問題が出題されるという、グループCATというテスト方式を採用しています。

そして重要なのは、高得点を狙いたいのであれば、最初の第一グループで正解率を上げておき、第二グループではできればレベル5に進む、少なくともレベル4に進む、ということが求められます。 verbal であっても、いかに最初のグループで高確率で正解できるか、というのが、高得点が取れるかどうかのカギになります。(第二グループでレベル1,2,3に振り分けられ、そこでどれだけ正解数を出しても、点数はそこまで高くなりません)

では verbal で、最初の方に出てくる問題はどんな問題でしょうか?antonym, sentence completion, analogy という、問題が最初の5問程度、つまり一番配点が高い部分を占めています。これらは全て、「GRE頻出単語を覚えているかどうか」、のみが重要な要素になります。


選択肢に出てくる単語の意味が分かれば大抵わかる、知らなければ絶対に分からない、というテストになっています。
要するにこういうことです:GRE verbal で高得点を出すには、頻出単語を覚える事が何より重要である。

これを解決する方法を実践する

 


USA Club 東京事務局 130-0012 東京都墨田区太平3-16-10
電話:03-6658-5098 FAX:050-3488-2946
リンクプライバシー特定商取引法表示 利用規約
Copyrights(C). USA Club 1999-2015. All rights reserved.